かんぱにでおすすめできる☆4キャラクター

☆5が強いのは当然わかってはいるものの、初めて間もない初心者だったり、履歴書を送ってくるキャラクターが偏っていると☆5だけで部隊を組むのは至難の業。

どうしても次点である☆4キャラクターに目が向くわけですが、その中で強いキャラクターはいったい誰なんだろうと疑問を抱くはずです。

ということでこの記事では一般的に強いと思われる、もしくは話題になるキャラクターを挙げていきます。

魔騎士モニク

かんぱにガールズの主人公、モニクが魔族の血のちからを引き出した状態。専用武器がマルチ4体で必中効果付きなので攻撃を外すことがない。ファイターなのでHP、物防、魔防が総じて高いため攻防のバランスが良く扱いやすい。

専用武器から繰り出されるスキルは闇属性なので、光属性の敵に相性が良い。主人公の別バージョン(☆4ではなく☆4EX)なので高い人気を誇るものの、他のおすすめ☆4に比べると入手性に難がある。

カレナ

おそらくかんぱに社員全体でいちばん若い、推定一ケタ年齢の天才魔法少女(コラボを含めたらさらに小さい幼女のいづながいる)。専用武器から繰り出されるスキルは、先制攻撃+全体攻撃なので普段遣いのクエスト周回や、戦場の物理回避に長ける敵の一掃、高速で仕掛けてくる浮遊大陸のボムロックの処理など使い勝手が良い。

先制全体攻撃を繰り出せるキャラクターは増加傾向にあるものの、必ず敵にヒットする魔法に限ればまだまだ数が少ないので貴重な存在。

ミル

剣聖ローズの幼なじみで主人公モニクの剣の指南役。打たれ弱いローグでありながら、専用武器が後衛から重い一撃を入れるスキルなのでアーチャーやマジシャンなどと同じように起用できる。

単体高倍率の攻撃スキルなので普段遣いには向かないものの、高い確率で毒付与できることも相まって浮遊大陸の希少種のようなちょっとした強敵と戦うときに力を発揮する。

ユーニス

荒削りながら類まれな魔力を持つだけでなく精霊郷のお姫さま、つまり大人物・傑物。専用武器は、戦闘不能キャラクターを復活させる蘇生効果を持つ回復スキルを放つ。蘇生効果は希少で使い手が限られており、すべてのクレリックを見渡してもほんの一握りしかいない。

回復力も高いがターゲットは単体のみで状態異常回復効果はない。一撃で沈めてくるほどの単体攻撃を仕掛けてくるような相手には相性が良いものの逆にいえばそれ以外の相手をするのは向かず活躍は限定される。

ジーナ

気弱で控えめな性格ながら王国聖騎士団長が太鼓判を押す「二槍流」という槍術の使い手。専用武器はマルチ2体の必中効果付きで攻撃を外すことがない。ソルジャーなので耐久力に優れ、HPや物防が高いのは当然として魔防も高い。

攻撃力は低いものの必中効果が付いてるので、倒しきれなかった敵に確実に攻撃を当てて仕留めたり、異世界モンスターと戦う際、攻撃の受け手として欠かせないタンク役をこなす(異世界モンスターは必中攻撃持ちを狙ってくる)。

コラボの☆4キャラクターは瞬発力がある

コラボの☆4キャラクターはどうでしょうか?コラボキャラクターは専用武器のみしか装備できない縛りがあるので、汎用武器やイベント武器が装備できない分、使い勝手は悪いです。

その代わり、コラボイベント期間内で専用装備を簡単に作成できるようになっているので、かんぱにキャラクターに比べると瞬発力があるのが大きなメリットでしょう(すぐに強力な専用スキルを繰り出して戦えるので戦闘が楽になる)。

キャラクター自体も☆4クロは単体に対して強烈なアタッカーとして使えますし、☆4シンクは全体攻撃魔法を撃てるので雑魚戦に強いです。☆4いづなも1発の火力は高くはないもののマルチ攻撃+魅了付与+2回行動に加えて後列から仕掛けるタイプなので耐久面もそれほど心配なく扱いやすいです。

以上のように☆4のコラボキャラクターは汎用性は劣るもののその分、瞬発力があり、専用武器の性能自体は使えるものが多いです。コラボから開始した新規はもちろん、手駒が揃っていないプレイヤーにも十分な戦力になるだけのポテンシャルは持っています。

新しい専用武器や新しい☆4キャラクターの存在

すでに専用武器が実装されている既存の☆4キャラクターにも新たなキャラクターストーリー追加により、別スペックの専用武器を装備できるようになったりもします。

☆5で部隊を複数組めるようになったあとの話だったので私には無縁でしたが、☆4ファイターのノエミのEP3武器は全体攻撃かつ必中効果付きで使い勝手がEP1武器よりも格段に良くなっていておすすめできるでしょう。

また、かんぱには毎月のように新キャラクターが実装され続けており、新しい☆4キャラクターが活躍する可能性もあります。

他の☆4キャラクターも使える

よく話題に上るのは以上の☆4キャラクターたちですが、ぶっちゃけるとイベントやキャンペーンのクエストを何度も繰り返す(周回)なら、全体攻撃スキルを持つキャラクターが1人いれば十分です。

全体攻撃ができないキャラクターでもホーリーアローや無駄あり弓、イベント武器や浮遊大陸・異世界の武器で全体攻撃を使えるようになることもあります。昇進させてレベルをしっかり上げれば☆4キャラクター未満のレアリティでも普段づかい(イベントやキャンペーンでのクエスト周回)では何ら問題ないです。

他の意味でもおすすめしてきた☆4以上に使える局面もあります。たとえば、かんぱににおける高難易度コンテンツの代表である異世界モンスター討伐戦の場合、タンクやヒーラー、ダメージディーラーなど役割分担があるし何よりも属性の相性が大きいです。

相手によっては、おすすめしてきた☆4キャラクターどころか☆5キャラクター以上に活躍できる☆4キャラクターが出たりするので単純な優劣はつきにくいです。

たまたま当方がプレーし始めて間もない頃に入手したミリアム。彼女は☆4キャラクターで専用武器のスキルも横列攻撃なので全体攻撃やマルチ攻撃に比べると使い勝手が劣ります。それでも汎用武器のホーリーアローや無駄ありの弓を持たせて全体攻撃させることもできます。

これだけだとおすすめとしては弱いですよね。しかし、実力者揃いである☆5キャラクターたちが後塵を拝するくらい驚きの大活躍をしたことがあるのです。

異世界モンスターの闇幻獣グリフォン相手には飛行特攻&光属性が活きたので、ミリアムはほとんどの☆5以上にダメージディーラー(アタッカー)として獅子奮迅の大活躍でした。私はこのときから彼女を「ちびっ子」と呼ぶのをやめ、こう呼ぶようになった。「ミリアム隊長」と。

このように、最初のほうでおすすめしてきた☆4キャラクターは確かに☆4の中では一風変わった特徴を持っていたり使い勝手に優れているので強いと言われるのですが、それ以外の☆4が劣るかといえば全然そんなことはないのです。

☆4ユーニスは数少ない蘇生効果付きの単体高倍率回復スキル持ちだが、状態異常回復や全体回復を必要とする戦闘にはフィニアンやミア、シラユリといった他の☆4クレリックのほうが当然使える。

ソルジャーの特性や必中タゲ取り(必中攻撃持ちに攻撃をしてくる敵キャラクター相手にその特徴を逆に利用し攻撃を集める方法)が不要なら、ジーナを外して火力が高い別キャラクターを入れたほうが有利になる(画像でいうとジーナと交代したアニエス)。

何を想定するか、どんなプレイヤーなのかでも変わる

できるだけ一般的に強い、☆5でも代えが効かないといわれているキャラクターを欲するなら、記事の最初のほうでおすすめしたキャラクターたちを鍛えるのが無難です。

ただし、繰り返しますが挑む敵によっては他の☆4キャラクターが上になることも多々あると知っておきましょう。相手が強ければ強いほど属性相性が効いてきますし役割分担が必要です。個々のスペックのちょっとした優劣なんてほとんど意味がありません。

たとえば、浮遊大陸のボムロックに先んじて攻撃して快適に強化石を集めたい場合、カレナを2~3人後列に並べて部隊を組むのは効果的ですが、その部隊で異世界モンスターと戦ったら簡単に壊滅します。

「強敵と戦うのではなく、かわいい子だけの部隊でゆるーくイベントを遊びたいだけだわ」というのなら、モチベーションが上がるように好きなキャラクターだけで部隊を組むのもいいですし、おすすめはその人の胸中にあるという感じです。

ではでは。

スポンサーリンク
レスポンシブ
レスポンシブ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
レスポンシブ